子供の教育ローンの借り入れのために相談に行きました。

子供の教育ローンの借り入れのために相談に行きました。給与振込もやっているのですんなり借り入れができました。その書類作成の中でトラブルが発生しました。
引き落とし欄が未記入だったので銀行の担当者の人が給料日でいいですか?と聞くのでいいですと答えました。28日ですと確認のためにいうとわかっていますと答えました。
その後確認もせず一回目に引き落としです。26日に信用保証会社から電話がありました。引き落としができないのでいつになりますか?ということでした。
私は28日のはずだがというと25日になっていますと言います。契約書を確認すると25日になっています。確認しなかった私も悪いですが、担当者の人がまちがっています。
翌日その担当者に変更できないのか?と尋ねるとできませんといい、25日に引き落とせるように段取りしてくださいとそっけない返事です。間違っているのはそちらでしょうというと、だから確認してくださいと言ったじゃないですか?という返事でした。完全に頭にきてもういいです!というとありがとうございましたと言いました。
その場はそれでよかったのですが、引き落とせなかった時は毎回電話がかかってきます。それが気になることでしたが、再び事件は起こりました。
その教育ローンが終わりかけていたころ、二人目の子供の教育ローンの相談にその銀行を訪れました。同じ担当者です。申し込むとこういいました。前回のローンの引き落としの遅れが何度かあるので貸せない言いました。さすがに頭にきて、もともと貴方が間違ったからこうなったんでしょう!というと、それを今言ってもどうしようもありませんと言いました。完全にプッツンして、この銀行には二度とお世話になりません!と言って帰ってきました。そのローンは他の銀行で組みました。その話をすると、引き落とし日を変える場合は、再度ローンを組んで、前のローンを完済すれば出来るそうです。その銀行では当然のようにやっているそうです。今後のローンはその銀行でやることに決めたのは言うまでもありません。私の言いたいことは、その銀行がどうこうではなくて、人と人との対応でその人の価値や会社の価値が決まるということです。自分の仕事にいかせる体験をさせてもらって今では感謝しています。

男性用人気育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です